Alchemy

提供: Noita Wiki
移動先: 案内検索

錬金術は、試薬を混ぜ合わせ質と効果を変化させる為の理論と実践です。 「Noita」では、錬金術の試薬の大部分はフラスコに保存され液体の形を取っています。 それらは他の液体または固体材料と混ぜ合わせ、多くの種類の媚薬・薬・万能薬・水薬・ポーションにすることができますが、そのレシピのほとんどは不明です。


This article is a stub. You can help Noita Wiki by expanding it.

概略の紹介[編集 | ソースを編集]

すべてのピクセルがシミュレートされる世界において、錬金術が主要な役割を担うのは驚くべきことではありません。プレイヤーがポーションを拾わず、杖作りに集中することを選択したとしても、彼らはNoitaの世界で際限なく起こる多くの反応と向き合わなければなりません。爆発・腐食・火災はテレポート・魅了・変化効果と同時多発的に起こり、錬金術の知識を生存に必要不可欠なものにします。

同様に、ワールドでは何らかの手段によって相互に作用する何種類もの物質が、水たまり・小山・タンクなどに隔離されつつもその特殊作用を保持したまま生成されます。したがって、ゲームを攻略している間に起こる反応の大部分は、プレイヤーによって直接引き起こされるものではありません。これを念頭に置いて、プレイヤーは周辺環境を変える3つの手段を所持してスタートします:

  • スパークボルトを発射するワンド。速度は遅いですが粉末の物質を削り、小さな炎を消火することができます。
  • 爆弾を召喚するワンド。爆弾の爆発によって周辺の地形を破壊したり、可燃性物質に着火することができます。
  • 水のフラスコ。猛毒ヘドロを中和する・溶岩を固める・自分自身や周辺を消火する事が出来ます。

既存の標準レシピ[編集 | ソースを編集]

  • 猛毒の浄化:水と猛毒ヘドロを混ぜ合わせると猛毒が水に変化します。
    • 水+ 猛毒ヘドロ = 水
  • ミダスの設計図錬金術の前駆体と肉を使用して作られます。
  • また、水と火が蒸気を生成するなど、2つの材料が相互作用するときに生じる軽微な相互作用も多数あります。
  • これらの反応の一部を示す詳細なチャートは次のとおりです:| Noita Liquid Sheet
  • 不思議な真菌(Mysterious Fungus) = 真菌+ 猛毒ヘドロ + 砂。接触すると砂と猛毒ヘドロを真菌に変化させます。
  • 猛毒ヘドロ + ワームの体液 + 真菌の粉末 = 虚無の液体

壮健の調合 と 錬金術の前駆体[編集 | ソースを編集]

これらの2つの調合は、新しいゲームの開始時にレシピがランダムに生成されます。レシピは常に3つの材料が必要な形式になります。 壮健の調合(Lively Concoction)は、非常にレアなヘルシウム(Healthium)ポーションよりも回復速度が速く、最も求められている回復薬です。 錬金術の前駆体はおそらく、これが必要なより複雑な試薬レシピへのヒントです。

初期の実験的錬金術師は、これら2つのレシピのシードコードを破りました。彼らはサービスの終了を発表しましたが、ページはまだアクティブです:zatherz.github.io/noita/

これが駄目な場合、各シード(ゲーム内)の2つのランダムな錬金術レシピを直接表示するmodもあります。このリンクからダウンロード出来ます。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • ミダスの設計図は触れるものすべてを黄金に変える能力を得たミダス王を参照しています。
  • ミダスの設計図壮健の調合はそれぞれ変成と万能薬を参照しており、どちらも錬金術の究極の作品であることが知られています。
  • 多くのエメラルド・タブレットはトート(古代エジプト神)の本物のエメラルドタブレットからの抜粋です。
  • 芸術の神殿 はおそらく「芸術」が錬金術の実践の二つ名である事への同意です。
  • 虚無の液体はゲーム内で最も密度の高い物質です。